公益社団法人日本マーケティング協会長後藤卓也

公益社団法人日本マーケティング協会会長
花王株式会社 元会長
後藤 卓也

 
 公益社団法人日本マーケティング協会は1957年に、日本におけるマーケティングの普及啓発を目的として、産学協同の組織として誕生しました。以降、マーケティングの発想や技法を日本の隅々まで行き渡らせるために活動を続けています。

 近年では、企業だけでなく、行政や学校、病院を始めとする非営利組織など、マーケティングの領域は飛躍的に拡大しました。その結果、社会活動に関わるすべての方々がマーケティングの考え方を知り、日々の活動に活かして、日本経済の新たな活力づくりに貢献しようとする動きが広く見られるようになっています。

 マーケティング検定は、「誰でも、どこでも、いつでも」、マーケティングの理解力を深め、高め、測定することができる資格制度です。コンピューターによる試験システム(CBT)の導入により、誰もが身近な地域の会場で、都合の良い日と時間帯を選んで受験することが出来ます。企業や学校などの事業者の皆様には、従業員や学生の理解力や応用力を測る客観的な指標として、ご活用いただくことを望んでおります。

 日本の更なる躍進のカギとして、マーケティングの役割はますます重要になってきます。マーケティング検定が、日本経済の活力を高める人材の育成に寄与することを願っています。
 

2016年12月2日