公益社団法人日本マーケティング協会理事長嶋口充輝

公益社団法人日本マーケティング協会理事長
慶應義塾大学 名誉教授
嶋口 充輝

 
 現代のマーケティングは、時代とともに移り行く社会や市場の課題に取り組み、最適な価値のソリューションを創造・提供する役割を担っています。しかし、経営の最重要課題であるマーケティングが関わる分野は、ますます広範かつ多岐にわたり、その専門性を深めています。

 マーケティング検定は、日本を代表するマーケティングの研究者と教育者が中心となって作成しており、専門的な観点から、現代のマーケティングを実践する上で必要な知識の習得度合いを測定するものです。その特徴は、単なる詰め込みによる断片的な知識ではなく、マーケティングの基本的な概念を枠組みとして理解できているかを評価することにあります。マーケティングを取り巻く環境の変化は速く、知識の陳腐化が顕著となる傾向がありますが、この検定が問うものは歴史的な評価に耐えうる知識ということになりましょう。

 この検定がマーケティングの知識の効果的な習得を促し、より質の高い社会の実現に結び付くよう、皆様のご支援をお願い致します。
 

2016年12月2日